安全なフィリピン留学、周辺環境がよいセブ留学はNLS英語学校で!マンツーマン英会話の短期留学で英語力アップ。カップル留学、IELTS TOEICコースも評判です。

フィリピン留学セブ島NLS語学学校

フィリピン留学持ち物リスト

フィリピン留学にあたって必要な持ち物リストをまとめましたのでチェックして準備してください。
新着情報や現地のNLS日本人マネージャーの経験から持ち物リストは更新されます。

必ずお持ちいただきたいもの ★★★

パスポート

フィリピン入国時点で有効期間が6ヶ月以上残っている必要があります。また未使用審査欄が見開き2ページ以上必要です。現地で紛失したときのためにコピーもご用意ください。フィリピンでは、外国人は身分証明書の所持が義務づけられています。外出される際はパスポート、またはパスポートのコピーを必ずご持参ください。

往復航空券

航空券に入力された氏名がパスポートと同じかどうか必ず確認してください。フィリピンには入国だけのチケットでは入国できません。
かならず出国のチケットもお手元にご用意してください。出国先は日本以外の国でも問題ありません。

パスポート用写真2枚

現地書類の作成のために必要です。

寮保証金

US100ドル、もしくは4,000ペソ。日本円を持参いただければ現地で両替可能です。
退寮時にとくに問題がなければ返金させていただきます。
※ 1ドルは約81円、1ペソは約2円です。当日のレートで計算させていただきます。

IDカード発行費用

NSLのIDカード発行料として500ペソ徴収いたします。
IDカードの提示により提携ホテルでさまざまな特典が受けられます。
セブ留学NSLのIDカード

SSP取得料金

SSP取得料金として6,000ペソを徴収いたします。
観光目的で入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要な学生ビザです。

ACR I-Card取得費用

60日以上フィリピンに滞在する方は必ず必要な外国人の身分証明書です。
3,000ペソの取得料金をいただきます。

観光ビザ延長料金

30日までの滞在は無料です。30日以降は毎月約3,500ペソのビザ延長料金をいただきます。
フィリピン移民局は2013.8月から無査証短期滞在を30日に延長しました。1ヶ月(4週)留学の場合、ビザ延長は入りません。

必須ではないが持参した方がよいもの ★★

クレジットカード/国際キャッシュカード

VISA、MASTERなどの各種クレジットカードをお持ちいただくことをおすすめします。多額の現金を持ち歩かずにすむほか、キャッシング機能が付いていれば現金のキャッシングも可能です。国際キャッシュカードは日本で入金したお金を、現地のATMにて現地通貨で引き出せるカードです。シティバンク、新生銀行などがあります。学校の近くに銀行やショッピングモールがあり、そちらのATMで利用可能です。クレジットカードのキャッシング、国際キャッシュカードは1日あたりの引き出し上限が設定されていることがあります。引き出す度に手数料のかかる国際キャッシュカードでは、多額の現金を引き出すのに何度も手数料がかかってしまう場合があります。事前にカードの内容をご自身でご確認いただくようお願いいたします。

国際キャッシュカードとは?
http://www.travelerscafe.jpn.org/money2.html 

海外旅行保険書

海外でケガをしたり病気になってしまったりしたとき、またそのほかの事故を補償する保険です。安心して留学生活を送るために、NSLでは加入をおすすめしています。加入されている方は保険の証明書をご持参ください。

辞書

英英辞書はフィリピンでも購入可能ですが、和英、英和辞書は手に入りにくいです。お使いの辞書や電子辞書を日本からご持参いただくようお願いいたします。授業はすべて英語で行いますので、分からない単語があればご自身でお調べいただくことになります。

ノートPC

近隣にインターネットカフェなどがありますが、はじめから日本語を入力できる設定になっていません。パソコンが必要な方はご自身のノートPCをご持参いただくようお願いします。学校、寮内では無線LANをご利用いただけます。提携ホテルのラウンジや近隣のカフェなどでも無線LANを無料でご利用いただけます。ノートPCをお持ちの方は電気代を月額500ペソ加算させていただきますのであらかじめご了承くださいませ。

参考書

日本語の書籍はフィリピンではほとんど手に入りません。日本で使用されていた単語帳、文法書などをご持参いただくことをおすすめします。

スマートフォン

授業を録音したり、辞書を利用したり、英語学習に大変役立ちます。校内や寮では無線LANでネットにつないで利用できますので、ぜひお持ちください。simフリーのスマートフォンをお持ちの方は現地でsimカードを購入するだけで、フィリピンの電話番号を取得できます。スマートフォンをお持ちでない方は、フィリピンでは日本に比べて安価で購入が可能です。録音機器があれば英語学習に役立ちますのでぜひお持ちください!

常備薬

フィリピンの薬は日本のものより作用が強く、体に合わない場合があります。心配な方は胃腸薬、頭痛薬、風邪薬などを日本よりご持参ください。また持病のある方は必ず常用されている薬をお持ちください。

メガネ、コンタクトレンズ、コンタクトレンズ用品

フィリピンでも購入可能ですが、日本から持参いただくことをおすすめします。

衣類

セブ島の年平均気温は26~27℃です。夏物の衣類をお持ちください。校内やレストラン、デパートなどの施設は冷房が効いています。カーディガンやパーカーなど長袖の衣類もお持ちいただくようお願いします。洗濯は1週間に1回です。

必要であれば持参した方がよいもの

変圧器

フィリピンの電圧は 220V/60Hです。校内や寮内のプラグの形は日本と同じAタイプです。110Vまでしか対応しない日本製品を利用するには変圧器が必要です。ドライヤーはフィリピンで安価で手に入ります。(約500ペソ~1,000ペソ)。ノートPC、スマートフォンは220Vに対応している製品が多いですが、あらかじめ日本でご確認いただくようお願いします。

音楽プレイヤー/ICレコーダー

授業内容を録音することができます。録音アプリのあるスマートフォンで代用可能です。

スイミング用品

無料で提携ホテルのプールをご利用いただけます。また近くに市営のプールもあります。すでにお持ちであれば水着、スイムキャップ、水泳帽などスイミング用品をぜひご持参ください。お持ちでない方はフィリピンでも購入可能です。

石けん、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨き粉、歯ブラシ、カミソリ、電気シェーバー、生理用品、化粧品、タオル、コーヒー&コップ

すべて現地で購入可能です。化粧品など日本の商品は現地で手に入りづらいので、日本から持参いただくことをおすすめします。お茶やコーヒーなどをよく飲まれる方は準備した方がいいです。フィリピンのスーパーにはネスレ(ネスカフェ)インスタント・コーヒーばっかりなのでお好みのコーヒーなどがあれば持参することをおすすめします。
近所のロビンソンモールに日本のカップラーメンなど日本の食材も売ってます。
NLSの各部屋には冷温水兼用のウォーターサーバーがおいてあるので部屋でカップラーメン、コーヒーなどを飲むこともできます。

徒歩5~10分距離のショッピングセンターRobinsons Fuente案内
http://cebu-nls.com/robinsons-shopping-center/

ポケットティッシュ

フィリピンのトイレにはトイレットペーパーが常備されていないことがあります。学校にもペーパーは設置しておりません。スーパーマーケットでペーパーを購入するまでは、日本から持参いただいたポケットティッシュをご利用ください。

ドライヤー

寮にはドライヤーを完備しておりません。日本で利用されているドライヤーを現地で利用するには変圧器が必要です。
こちらでも安価で(約1,000〜1,500ペソ)購入可能です。

サングラス、帽子、日傘、日焼け止め

セブの昼間の日差しはとても強いです。日焼け止めはお肌に合わないことがあるので日本から持参されることをおすすめします。サングラスなどはこちらでも購入可能ですが、すでにお持ちであれば日本より持参ください。

雨具

セブ島は6~12月までは雨季、1~5月は乾季です。雨期と言っても日本の梅雨のように一日中雨が降るわけではありません。スコールのような雨が突然降ることがありますので、雨期にいらっしゃる方は折りたたみ傘をお持ちください。現地でも購入可能です。

文具

日本と比べるとフィリピンの文具は質が劣ります。愛用の製品があれば日本よりお持ちいただくようお願いします。

旅行ガイドブック

日本語のガイドブックはフィリピンでは手に入りません。週末や帰国前の旅行を考えられている方はガイドブックを日本からご持参いただくと、旅がスムーズになります。なお、英語のガイドブックは書店で手に入ります。

生活に必要なたいていのものはフィリピンでも手に入ります。日本語の書籍や日本製品、日本でしか手に入らないものを優先してお持ちいただければと思います。
そのほか、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

NLS BLOG 記事リスト