安全なフィリピン留学、周辺環境がよいセブ留学はNLS英語学校で!マンツーマン英会話の短期留学で英語力アップ。カップル留学、IELTS TOEICコースも評判です。

フィリピン留学セブ島NLS語学学校

新着情報

セブの物価は?学費以外で必要な費用はどれくらいですか?

2013年1月11日 by staff in よくある質問FAQ with 0 Comments

セブ ロビンソン ショッピングモール1日3食の食事代や寮費が学費に含まれているため、学費以外で必要な生活費は月3万円もあれば充分かと思います。節約すれば1万円でも生活できます。

当校はリゾートではなく、セブシティの中心地に位置するため、周りには観光客向けのショップとローカルのショップが混在しています。ローカルのショップを利用すれば生活費を抑えることができます。ローカルショップの場合、物価は日本の約3分の1〜5分の1です。以下に留学生活で必要なものやサービスの大体の相場を挙げておきます。

  • ノート 約20ペソ
  • ボールペン/シャーペン 約50〜100ペソ
  • 携帯電話 約1,000ペソ〜
  • 携帯プリペイド 月約200ペソ
  • ドライヤー 約250ペソ〜
  • シャンプー 約100ペソ
  • 石けん 約30ペソ
  • 水(ペットボトル500ml)約15〜20ペソ
  • Tシャツ 約200ペソ〜
  • 映画 約130ペソ(映画館で鑑賞)
  • タクシー 15分で約100ペソ
  • マッサージ 1時間約150ペソ〜
  • ヘアカット/ペディキュア/マニキュア 約50ペソ〜
  • ネイルアート 約150ペソ〜
  • マクドナルド(バーガー、ドリンク、ポテトのセット) 約100ペソ
  • コーヒー(カフェ利用) 約100ペソ
  • ビール 約30ペソ(スーパー)
  • ビール 約60ペソ(レストラン/Bar)
  • タバコ 約30ペソ(スーパー)
  • クラブ 入場料約100ペソ
  • カラオケ 1ルーム1時間約100ペソ
  • ジム 月約500ペソ〜1,500ペソ
    ※1ペソは約2.15円(2013年1月9日時点のレート)

マッサージや美容室など人件費がコストの多くを占めるサービスは日本と比べてかなり安い値段で受けることができます。セブでは大卒初任給が月10,000ペソ程度で、人件費がとても安いからです。

休日を利用して旅行などを考えられている方は、月3万円+αを用意していただければと思います。また、日本人向けのショップやサービスを利用した場合、上記の値段よりも高くなります。たとえば美容室の場合、フィリピン人向けの美容室はカットが50ペソでできますが、日本人向けのショップは500ペソ〜1,000ペソ程度かかります。

欧米諸国にも学費の安い学校はありますが、生活費が格段に違います。セブなら欧米や日本よりもはるかに安い金額で滞在することができるのです。

 

Tagged , , , , ,

この記事を共有する。

関連記事リスト

よくある留学質問